ハッピーバレー:
公開中

ハッピーバレーの奇跡の裏側Happy Valley

 

スポットライトを浴びる日を忍耐強く待ち続けながらも、フォーエバーグリーンは一度たりともその指針を曲げたことはありませんでした。思いやりの行動、それは私たちのビジネスモデルの中核をなすものです。

 

数年前、ロン・ウィリアムズは自身の住む地域に蔓延る問題に直面しました。交通事故よりも更に多くの若者がその問題のために命を落としているのにも関わらず、そのことについて誰も口にしようとはしませんでした。ハッピーバレーはロンだけではなく、フォーエバーグリーン全体のコミュニティースタンドとなりました。

 

ウィリアムズは即座にクレイグ・スミス、ダン・バーネット、アリー・キング、立松朋子を起用し、ハッピーバレーの映画製作に取り掛かりました。この映画はロン・ウィリアムズがすべて出資しましたが、この映画の収益はすべて常習行為を克服しようとしている人々に寄付されました。
この映画の監督でもあるロン・ウィリアムズは、”私は心の奥底から、このプロジェクトは何千もの人を救うだけでなく、フォーエバーグリーンの何たるかを示すことになるだろうと、感じていました”と、語っています。

 

そして予想とは裏腹に、この映画は劇場や映画祭で成功を収めましたハッピーバレーは処方された痛みどめの常習性、そしてその危険性について、別の角度から見つめています。皮肉にもそういう宿命にあったのか、ハッピーバレーはウィリアムズにとって間違いなく何よりも重要なプロジェクトとなりました。

 

また彼はこう語ります。”この映画の制作に時間と資金を費やしたため、たくさんの批判を受けました。しかし、結果的にこの努力は私だけでなくフォーエバーグリーン全体に報われる形となりました。この映画が会社の起爆剤となる製品を引きつけました。その製品こそがパワーストリップスです!安全で自然の成分で痛みを緩和するこの製品は、クラス1医療機器に掲載されています。私は決して無条件で行う奉仕の力を軽く考えてはいません。”

 

Happy Valley ハッピーバレーは数か国語に翻訳され、世界中の人々に感銘を与えています。